動物実験 の闇。

月
ある日の月。ガラス越しで撮影したせいか このように映った
他の生き物たちのこと

こんにちは、イナです。読書好きです📚。最近はもっぱら動物関連の本を手にとります。

最近読んだ本のこと

今読んでいる本はコチラ↓。

本屋で、杉本彩さんが帯になっていて目立ちました。

「はじめに」部分を立ち読みすると、

実験犬を、その世話係だった学生が強い希望で引き取ったニュース

を紹介していました。

通常動物実験は、実験に使われ続けた挙句、最後は安楽死、とのこと・・・・。このように途中で実験犬の譲渡を正式に発表したことは極めて画期的な事のようです。

その学生はどんな思いで譲渡を申し出たのだろう。詳しく知りたくなりました。

最近読んだ本


知らなかった事実があり過ぎる…

まだ3分の1ほどしか読んでいませんが、知らなかったことだらけが書かれていました。というか、動物実験に関わっている人しか知らないでしょう。テレビや学校で説明しないのだから、普通に生活をしていたら知る由もありません。

「はじめに」に書かれている2行だけでも衝撃を受けます。

私は自分が毎日使っている化粧品の安全性試験のために、ウサギの目に化学物質を垂らし続けて損傷の程度をみるなど残酷な実験が行われている事実を知り、ショックを受けた。

 

私達は、どの化粧品が、どの商品が、動物実験を介したものか介していないものか、それすらわかりませんよね。

たとえば、私はたまに目薬を買います。ドラッグストアで選び、しかしあまり使わず数か月経ち途中で捨ててしまったこともあります。もしこの目薬が動物実験したものであったなら、それすら知らずに簡単に買って簡単に捨てられ、その犠牲はあまりにむごいじゃないですか。

せめて知らせてほしい。

知らせないのはなぜ?残酷なことをしていると知られたら買わなくなるから?

知ることから始まる

杉本彩さんの帯にも書いています。

「私たちの生活のすべてが動物実験の犠牲の上にある。」

 

人間様様の安全性のために犠牲になっている生き物たちがいる。

知らなかったら実験された生き物たちに感謝すらできない。

 

参考

化粧品の動物実験について、詳しくかかれたブログを見つけました。

「動物実験をしていない化粧品メーカー!動物を救うために出来ること」

本で読んだ内容とまさに同じ、そして写真も付けてくれているので更に読んでいて怒りがこみあげます。

現実に、人間のやってきたことを、目を背けず、知らなければいけないと思いました。今まで本当に全く知らなく消費者になっていた自分が情けなくなりました…。

スポンサーリンク

いいね! 12 いいね!押されています 。「いいね!」のときはハートをクリック
読み込み中...